9月6日未明の震度7の地震では長時間停電によりご利用のお客様にも
ご迷惑をおかけすることとなり申し訳ありませんでした。

当地では地震による直接の被害は少なかったのですが
全域で40時間以上にわたる停電が発生し多くの混乱がありました。

大きな被害にあわれ現在も大変な思いをされている方もいらっしゃるかと思いますが今回感じたことを今後に生かせるよう忘れる前に書き留めておきたいと思います。

私自身のメモ代わりを兼ねているため当たり前のことであったり
不十分なもの、誤りも含まれるかもしれませんのでご了承ください。

あらゆる生活用品は備蓄するべき


窓がない大型のホームセンターは停電になると中は真っ暗になるため店内には入れてもらえません。この場合、電池や懐中電灯など売れ筋商品が外のカートに並べられて販売されてるのですがお客さんがそこにない商品を欲しいといった場合、店員さんが中に取りに行って販売してくれます。

とても親切なシステムではあるのですが毎回のように商品を中に取りに行くため信じられないぐらい混雑します。災害や備えている方であれば水や非常食・懐中電灯、携帯ラジオなどの備蓄は当然されているかと思いますが災害とはあまり関係ないようなものがほしい場合でも数時間並ばなければ買えないという状況になりますので一通りの生活用品は常に揃えておいた方がよそさそうです。


タンクレストイレの水は流れない


最近だとタンクがないトイレも増えてきているかと思いますがこれは停電時に水は流れません。非常時には乾電池で動作するものもあるようですが現行モデルでも上位機種に限られているようです。

我が家では数年前にリフォームしたときに取り付けたもので正直、停電時に水が流れないことは知っていたのですが災害時、電気は水道よりも早く復旧するというイメージがあったので今回の水は出るのに電気が使えないという状態には非常に困りました。

一応、横にコックのようなものがついていて時計回り180度回すことで便器内の水を抜くことはできるのですが地震後の気が滅入ってる時に夜真っ暗の中この作業をするということはかなりの苦痛です。

「180度回して排水、そして逆に180度回して弁を閉じ、汲んできたバケツの水を入れる」

文章で書くと簡単そうに見えるかもしれませんがこの作業を昼夜を問わずやらなくてはいけないということは大げさではなく、なかなか辛いものがあります。


冷凍庫の断熱性能はすごい!


前にどこかで冷凍庫は開けなければ、かなりの時間解けないというニュースを読んだ覚えがあり、今回は40時間電源が切れた状態で1度も開けないようにしていました。

結果、上段のトレイにあったアイスクリームなどはさすがに柔らかくなっていましたが下に満タンで入っていた冷凍エビや冷凍ギョーザ、魚などは触ってもカチコチに凍った状態でした。

勿論、温度自体は高くはなっていたかと思いますが腐らせることなく十分食べることが可能な状態でした。この日の北海道は珍しく気温が高く28度ぐらいあったのでさすがにダメかと思いましたが最近の冷蔵庫はかなり断熱性能が高いようです。



まだまだ書いておきたいことがたくさんあるのですが長くなってしまいましたので今回はここまでにいたします。ご覧いただきありがとうございました。

先日「google-proxy-*.*.*.*.google.com」からのアクセスが頻繁にあるのだが正体がわからなくて気持ち悪いという問い合わせがあったため今回はそれについてご紹介したいと思います。

上記はアメリカのIPアドレスが設定されているホスト名だったのでアクセス解析には接続元「アメリカ」と表示されていたのですが質問をされた方は自身のサイトが日本語なのでアメリカからの頻繁なアクセスはおかしいと感じられたようです。

google-proxy-*.*.*.*.google.comの目的とは?


さて、上記のGoogleProxyがホームページをアクセスする目的ですがこれにはAndroidスマートフォンに搭載されているブラウザ、Google Chromeが関係しています。

モバイル版のGoogle Chromeには「データセーバー」と呼ばれるデータ通信量を節約するための最適化機能が搭載されておりそれが有効となっている場合にはGoogleProxyサーバーを経由したアクセスが行われます。

通常)
閲覧者スマートフォン → Grupoサーバー

Google Chrome使用時)
閲覧者スマートフォン → Googleサーバー → Grupoサーバー


経由する際、サーバーから受け取った画像等を縮小・最適化した上で閲覧者側に送ることで
スマートフォンのデータ通信量を減らす仕組みのようです。

b0af57b97156da056f48f45e5a4117e88e391cf9_6580173
▲Google Chromeのデータセーバー設定画面

google-proxy-*.*.*.*.google.comの正体は?


上記のようにアメリカのサーバー経由することでGrupo側からはアメリカからのアクセスに見えてしまいますが日本語サイトであれば実際には日本から閲覧している可能性が高いと推察されます。不審に感じてアクセス拒否などを設定してしますと正規の訪問者を拒否してしまうことになりかねませんのでご注意ください。

まとめ


今回質問をされた方は海外からのアクセス自体を不審に感じたということでしたがインターネットの世界共通なので意図せぬ海外からのアクセスは何ら珍しいことではありません。特に実害を受けているなどではないのであれば冷静に対応することが重要です。

最近ではテレビ中心に4K対応を謳う商品が増えてきておりますがこの波は今後、パソコンにも広がっていくことが予想されます。

そこで今回は4K時代に備えたホームページ作成術をご紹介します。

ホームページが表示される仕組み


まずホームページはテレビのように映像として内容が送られてくる仕組みではなく相手から送られてきた設計図(HTML)をお使いのPCが人間に見やすい形に変換し表示しています。

よって4K対応のPCであれば4Kサイズに合わせた形で変換しますので通常、ホームページ制作側が特に意識する必要はありません。

注意点


ただここで忘れてはいけないのがホームページ上の画像の存在です。

4Kモニターとは同じ面積に対して4倍のマス目(ドット)を表示できるものですので画像を通常のモニターと同様に表示したいという場合には縦横それぞれを2倍のサイズにする必要があります。

サイズが小さい場合、通常のモニターと同じに表示されるだけでしょ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんがそれは誤りです。実際、4Kモニターで通常モニターと同じ画像を同じサイズで表示した場合、画質は明らかに劣化します。

これについては4K対応PCの仕組みによるもので情報量が4倍ある4Kモニターに通常のモニターとまったく同じ内容を表示した場合、

同じ面積に対し4倍のマス目がある=マス目の大きさが1/4である

ということになりますので文字や画像が非常に小さく見にくくなります。

そのため、4K対応PCではあらかじめPC側で拡大した状態で表示しています。その際に元々サイズの小さい画像を無理やり拡大することになるため、画質が落ちる現象が生じます。

解決法


この問題は表示サイズに対し4倍の大きさの画像を埋め込んでおくことで解決できます。

Grupo では基本的に4Kモニターにも対応した形でホームページが制作できるようになっているため特に意識する必要はありませんが表示するサイズが小さいからと言ってサイズの小さい画像を使っている方は注意が必要です。

もしサイズが大きすぎる場合には Grupo 側に自動的に適切なサイズに圧縮が行われますのでなるべく大きいサイズの画像を使用することをおすすめいたします。

まとめ


現状では4Kディスプレイを搭載したPCは全体の数%とあまり高くはありますが今後、増えていくことが予想されます。ホームページは様々な環境の方が閲覧されるものですので今のうちに対応しておいたほうがよいかもしれません。

こんにちは、皆さんは画像フォルダに画像をアップロードする時に名前をつける意味をご存知でしょうか?

アルバムのように画像名が掲載されることがない画像フォルダの写真に何故、名前をつける必要があるのか不思議を感じていらっしゃる方もいるかと思います。今日はサポートセンターに寄せられた質問の中からそんな疑問についてお答えいたします。

目的しては主に2つがあり、一つは画像の検索性を高めるためです。

画像フォルダ右上には検索ボックスがあり、こちらで過去にアップロードした画像を検索できます。画像にあらかじめ名前をつけておきますと後から過去の画像を使いたいと思った際にすぐ見つけられるため便利です。

そしてもう一つの役割は代替テキストとしての利用されることです。
実はホームページ上には直接表示されませんが画像名はalt属性(オルト属性)として構造情報(HTML)に記載されています。

alt属性は何らかの理由から画像が表示されない場合や画像を見ることができない場合に使われるもので主に目の不自由な方が使用する文字読み上げソフトなどで使われています。文字読み上げソフトは当然、画像の内容を読み上げることはできませんが画像名が入力されている場合には画像名が読み上げられることで、ホームページにどのような画像が掲載されているかを理解することに役立ちます。

また検索エンジン各社の情報収集を行う検索ロボット(クローラー)も画像を見ることはできませんがalt属性があれば画像の中身が理解出来、検索結果に正しく反映されることが期待できます。

以上が画像に名前を見ることがつける意味についてのお話です。
画像名が入力されていない場合にはファイル名が表示されますので必ず指定しなければ
ならないものではありませんがお時間があればぜひ、入力してみてください!

最近、様々なサイトで導入されている画像認証(reCaptcha)なのですがうちのPCでは毎回のように画像選択を求められるようになってしまいました。

いままであれば「ロボットではありません」にチェックを入れるだけで簡単に通過できていたのですが最近だと何度も画像を選択しないと通過できません。

指定された店や車を写真から選択するというものなのですが基本、海外の写真ですので正直わかりにくいところがあります。

そしてその中でも一番の難問がこちら「道路標識」の選択です。

道路標識

これの何が難しいかというとそもそもどこまでが道路標識かよくわからないということ。
白黒の矢印と黄色部分だけなのか、それともポールの部分も含めるのか…

特に正解という表示は出ないで次の問題に進むのであっているか間違っているのかもよくわからないのですが何度か試した結果によると恐らくポールの部分は選択する必要がないようです。

調べてみると元々正解が決まっているということではなく過去に他の人間がどこを選択したかということを学習していき選ぶ方が多い回答が正解となる仕組みのようなのですがなんともハッキリとしない感じが厄介です。

そもそも、なぜこんなにもロボットだと疑われているのかわからないのですが…
以前のように簡単に通過できるようになることを祈るばかりです。

次の5件 >>