1. HOME >
  2. 日常 >
  3. AliExpress(アリエクスプレス)でのトラブル

AliExpress(アリエクスプレス)でのトラブル

EMS

AliExpressというのは中国アリババが運営するショッピングサイトです。

日本で言えば楽天みたいなサイトなのですが、とにかく安く日本では売っていないような面白いものもあって最近、結構使っています。

ただ海外との取引特有のトラブルもあるため今回はAliExpressで過去に経験したトラブルについてまとめてみました。

商品の注文


別にお金をもらっているわけでないため特別に宣伝するつもりはありませんが登録自体は日本ショッピングサイトと変わらずある程度、日本語にも対応しているため迷うことはないです。

普通に注文して到着を待っていました。

商品の配送


今回はEMS(国際スピード郵便)を選択したため配送は非常に速かったです。
中国から3日で届いたのは正直驚きました。
ちなみに通常、東京→北海道間は翌々日配達なので国内でも速達扱いになっているようです。


2018/06/25 15:42 引受 CHINA
2018/06/25 23:49 国際交換局に到着
2018/06/26 01:49 国際交換局から発送 GUANGZHOU EM CHINA
2018/06/26 01:50 税関から受領 CHINA
2018/06/26 01:51 国際交換局から発送 GUANGZHOU EM CHINA
2018/06/27 06:33 国際交換局に到着 東京国際郵便局 東京都
2018/06/27 09:15 通関手続中 東京国際郵便局 東京都
2018/06/27 10:21 国際交換局から発送 東京国際郵便局 東京都
2018/06/27 21:03 到着 北海道
2018/06/28 13:21 お届け済み 北海道


到着商品の初期不良


到着するまではよかったのですが開封して動作確認をすると壊れていることがわかりました。
温度計だったのですが、部屋においているだけで室温が205度と表示されています。

日本国内の通販であれば通常、初期不良で交換となりますが、そう簡単にいかないのが個人輸入です。

まずメッセージ欄で出品者に連絡を取ります。
当然ですが中国人の出品者に日本語は使えませんので英語で問い合わせます。

証拠として200度以上と表示されている画面を写真に撮って送りましたがどうも信じてもらえず、まず動画を送ってほしいとのこと。

中国では「写真なんか簡単に偽装できるから」という認識なのかもしれませんが正直、これは意外でした。

しかたがないので動画を撮影して、Youtubeにアップロードしようとしますが、よく考えると中国国内は検閲があるためYoutubeは見られません。結局、手探りで中国企業が運営する動画サイトに会員登録して投稿することにしましたがなかなか大変でした。
(※中国語の勉強にはなりましたが)

でも、これでさすがに信じてもらえるだろうと出品者の連絡を待ちます。

AliExressに仲裁の依頼



数日たっても連絡来ず…
動画を送ってから数日が経っても結局、返信はありませんでした。

もうこれ以上は当事者間での解決は無理そうなのでAliExressに仲裁(Open Dispute)を依頼します。

するとこんな提案が届きました。

・商品を返送し商品代金の全額を返還(送料は購入者負担)
または
・商品を返送せず商品代金の半額を返還


なるほど…そう来たか。
日本だとあまり馴染みがない方法ですが中国では普通なのかもしれません。
単純明快で、ある意味わかりやすいです。

商品自体は1万円程度だったのですが送り返すにも2000円以上かかりそうですし
何より出品者が返品が受理するかも不安なので今回は後者にしました。

取引は無事完了したが…


個人輸入は面白いのですがやはりトラブルがあるとなかなか大変だなと実感しました。
もちろん何も問題なく取引ができることの方が多いのですが…

数百円程度のものであれば壊れてても「まぁしかたない」と思えるのですが少し金額の高いものは購入を控えようと思います。


関連記事
千代田堰堤とサケの遡上 (10月28日)
AliExpress(アリエクスプレス)でのトラブル (01月08日)
前の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):