初めての記事で正直、何を書こうか全然定まっていないのですが
今日は「ページの表示速度」について書いてみたいと思います。

ホームページの表示速度というのはクリックして
そのページが画面に表示されるまでの時間のことです。

少し昔の情報ですが通販大手のアマゾンでは読み込み時間が0.1秒短くなると
売上が1%増加し1秒増えると、ユーザーの満足度が16%減少するそうです。


最近では光ファイバーなど高速回線が主流となり以前よりあまり意識することは
少なくなったかもしれませんがクリックしてもすぐ表示されないと少なからずイライラはしますし
ホームページの満足度を高める上ではなかなか見過ごせないポイントであります。

また、Google は表示速度も検索順位を決める1要素にすると公表してますので
高速化は快適であること以上のメリットをもたらすものとも言えます。

ちなみにGrupoでは表示速度についてかなり力を入れており新しい技術を積極的に活用しています。

作成したサイトにおいても快適なアクセスが実現できているものと思いますが
もし本ブログは快適に表示されるにも関わらず作成したサイトでは遅いと思われる場合、
ページ内に挿入した外部サービスの影響を受けている可能性があります。

外部サービスとは地図や広告、mixi、facebookなどのリンクボタンなどが該当します。
基本的にこれらのサービスはGrupoのサーバに比べ応答が遅いことが
多く待ち状態となるためページ全体の表示時間に影響します。

もしページ表示が遅いと感じる場合には1度削除してみたらよいかもしれません。

画像
▲速度測定サイトでの実行結果
| 17:35 | 未分類 | コメント(0)

特に面白いことがかけるわけでもありませんが気が向いたときにもご覧いただければ幸いです。
残念ながらあまり多趣味ではないためホームページ作成に関することがメインになります。
| 17:02 | 未分類 | コメント(0)