こんにちは、Grupo運営部です。
今日はホームページで使用する写真のお話です。

特にビジネスサイトを運営されている方で多いのですがホームページに載せられるような綺麗な写真がない!という方が結構といらっしゃいます。個人のホームページでしたらご自身で撮影をされた自慢を1枚を掲載されるのがよいかと思いますがビジネスとなりますとやはり少し見栄を張った写真を使いたい方も多いはずです。

そんな時に便利なのがフリー写真サイトです。フリー写真サイトでは誰かが撮影された登録されている写真を自由にダウンロードして使うことができます。

社内の様子や自社の商品としてフリー写真を使うのはさすがにアウトですがデザインの一部として活用する程度のものでしたらフリー写真は強い味方となります。

代表的なフリー写真サイトを下記に記載します。

■ ぱくたそ
https://www.pakutaso.com/

■ 写真素材 足成
http://www.ashinari.com/

※利用の際には各サイトの利用規約等をお読みの上、正しくお使いください。利用して発生した一切のトラブルにつきましては一切責任を負いかねます。

ちなみにフリー写真サイトで驚くのは人物の写真もあることです。
こちらには吹き出しなどをつけて会話をしている風に加工するなどの使い方があります。

いろいろと見ていると過去に何度も見たことあるような方の写真も結構あってあの広告に出ていた方は、あそこの社員の方ではなかったんだな…なんて思うことがあります^^;

スライドショーを使用している方であれば、場面にあった写真にキャッチコピーなどを入れて掲載するだけで、ホームページのイメージがガラリと変わることもありますのでぜひ、お試しください。

 こんにちは、最近暑いですね…こちら北海道も毎日のように30度超えの日が続いております。もっと暑いところにお住まいの方や集中豪雨による被害を受けられた方から見れば全然たいしたことではないのかもしれませんがエアコンがない家も多い、北海道にはなかなかつらいものがあります。

 さて、そんな中ですが私の家では昨日まったくテレビが映らないという現象に見舞われ一日屋根の上での作業となりました。最初はアンテナの故障かと思ったのですがどうやらお隣の家の樹木の陰になり受信ができなくなってしまったようです。

 正直、これは厄介です。お隣さんとの関係は別は悪いわけではありませんが木はあくまで敷地の上方に伸びており、こちらの敷地に入っているわけではありません。なので相手に切ってくれというのもお門違いが気がします。

 恐らくは相手に枝を切ってもいいですか?と聞いた上で自分で切るのがスマートな解決なのでしょうが自分で切れる高さでもなく業者に頼むことも考えてると費用も馬鹿になりません。しかも数年後にはまた同じことを繰り返すことになりそうです。

 結局のところ今回はアンテナの位置をずらすことにしました。それでもその場しのぎの解決にしかならなそうで少し悩んでます。。こういう場合、どういう方法が正解なのか…

 こういうのをスマート解決できる人がうらやましいです。完全な愚痴になってしまいすみません。次回はもう少し役に立ちそうなことを書きます。

画像

こんにちは、Grupo運営部です。

本日、サポートセンターへのご質問で他社ブログを利用中の方から
「ホームページを開設したのだがGrupoブログに移行したほうがよいか?」
という質問がありましたのでそれについてお話をさせていただきます。

これについては状況によっても異なりますので
いくつかのパターンについてまとめてみました。

[1] ホームページ開設以前からホームページの内容に関連する外部ブログを使用している場合
[2] ホームページ開設以前からホームページの内容に関連しない外部ブログを使用している場合
[3] ホームページ開設後にブログを始める場合

基本的なお話としてホームページを発展されることを前提に考えた場合、
いずれの場合でもGrupoブログの使用をおすすめいたします。

といいますのもブログはホームページの中でも更新頻度がかなり高いコンテンツですので
内部に設置したほうがコンテンツの充実が図れ検索結果などにも表示される可能性が高くなります。
ホームページは自宅のようなものですので長期的に考えるとまとめることが有効です。

また一般的なブログサービスでは投稿した記事や画像が運営会社の所有物と見なされると
こともありますので特にビジネスでの利用等では注意が必要です。利用規約にはきちんと
書いてあるケースも多いのですが結構知らずに使用されている方が多い気がします…

ちなみにGrupoはホームページのレンタルサービスとなっておりますので投稿内容の
著作権は投稿者に帰属します。もちろん許可無く営利目的等で使用することもありません。

外部ブログサービスとホームページを併用する場合には同じブログサービスを利用している方に
ご自身の活動等を宣伝する場所としては活用していく形がよいのかなと思います。両方使うという方法もあります。

必ずこうしなければならないというものでもないため、少々曖昧な
内容となってしまいましたが参考にしていただければ幸いです。