ホームページの作成においてはたくさんの写真を使われることが多いかと思いますが
今回は写真を使用する際の注意点についてまとめてみたいと思います。

肖像権に注意する


最近ではSNSなどに特に抵抗なく顔写真を公開している方も少なくないため、以前よりも意識が低下しているように感じますが、基本的に人物写真には肖像権があり本人の許諾なしに不特定多数に公開することは好ましくありません。本人の許可を得ていない、もしくは偶然通りかかった通行人など許可を得ることが困難な場合には写真の顔部分を隠したり、モザイクを入れるなどの加工が必要です。

画像の加工はスマートフォンでの撮影であればアプリでも可能ですしパソコンであればWindowsの標準ソフト「ペイントツール」なども活用できます。

後ろ姿など顔がわからない場合にはそこまで気にする必要はありません。

写真(JPEG形式)に含まれるEXIFデータに注意する


デジカメやスマートフォンで撮影された写真にはEXIF(Exchangeable image file format)と呼ばれるメタデータが含まれています。そのデータは写真のファイル自体に組み込まれており通常、写真をアップロードするとそれらの情報もアップロードされてしまいます。

EXIFに記録される情報としては撮影に使用したカメラの機種や撮影時のカメラの設定、撮影日時などがありますが特に注意が必要なのはスマートフォンで撮影した際に記録されるGPS(緯度・経度)の情報です。緯度と経度からはほぼ正確な住所が特定できてしまうため、自宅で撮影した写真などを不用意にアップロードした場合には何らかの悪意を持った人間に自宅住所を知られてしまう危険があります。

なお、Grupoにアップロードされた画像の場合にはアップロード時にEXIFの位置情報は自動的に削除していますので心配はありません。ただ他社のWebサービスでは削除されていないケースもあります。

EXIFはパソコンであればフリーソフトなどでご自身で書き換えたり、削除することが可能です。
なお上記ではGPS情報が記録される例としてスマートフォンを紹介しましたが高性能な一眼カメラなどにもGPSを搭載している機種があります。本来を撮影位置を記録することで写真の管理に役立つものですが不特定多数が閲覧するホームページでは予期せぬトラブルとなる可能性がありますので注意が必要です。

まとめ


最近ではインターネットの通じて、自身の情報を発信することは決して珍しいことではありませんが不特定多数が閲覧できる状態は思わぬトラブルを引き起こすことがあります。公開する写真には必要により、パスワードを設定し閲覧できる人を制限するなどプライバシーを守ることも大切です。

ご存知の方がいるかどうかわかりませんが弊社では地球環境へ配慮したサービス運営の一環として2014年より事務所内に太陽光発電システムを導入しています。

今日はその取り組みについて少し紹介させていただきます。

まず弊社で導入している太陽光発電はオフグリットソーラーと呼ばれているもので発電した電気を事務所内で使用し、あまった電気は雨天日に備えバッテリーに蓄電するものです。一般的な家庭用の太陽光発電では発電した電気を電力会社に売却しして利益を得ることを目的としているものが多いのですが、こちらは発電した電気はすべて自身で消費する言わば自給自足型のシステムです。つまり電力会社より供給されるコンセントとは完全に独立した運用になっています。

このシステムのいいところは電気代を節約できることではなく電気使用量自体を減らして節約できるというところにあったりします。

電力会社によるコンセントからの電気は使っても減っているという意識が低いためついつい無駄にしてしまいがちですが、こちらは貯めた電気を使っているため無駄づかいするとすぐに残量が減り、もったいないことをしたという気持ちが高まります。また、電気を無駄にしないためには仕事自体を効率的に進める必要も生じることから従来より残業も減らすこともできました。

弊社ではこの取り組みにより、15%程度の電気使用量節約に成功しており今後もこの取り組みを強化していく予定です。ちなみに社内では「電気代計算フォーム」を使用して電気製品の電気使用量把握に役立てています。

以上、簡単ではありますがGrupoの節電へ取り組みについてのご紹介でした。