先日のことなのですが私個人のクレジットカードが不正使用の被害にあいました。

カード会社から利用情報の確認というメールが届きまして
指定された番号に電話をしてみたところ

「今日の●時●分頃に●●●というお店で42,000円の買い物をしましたか?」

とのこと…

調べてみると、化粧品の店のようでまったく心当たりがありません。
どうやら不正利用だろうということになりました。

カード会社のシステムが購入前に不審だと判断し拒否したようで実際に金銭の被害は発生しなかったのですがまさか自分が被害にあうことは思って無かったので驚きました。

それにしてもどこからカード番号が漏れたのか、かなり謎です。
外ではもともとあまり使わないですし、私は酒も飲まないため自分が知らない間に
カード番号を控えられたりする可能性はかなり低そうなのですが…

それと漏れたのはカード番号と有効期限だけで名義やセキュリティコード、暗証番号などが漏れていることは確認できないとのこと。

また購入されたのは聞いたことないブランドの化粧品で、あまり換金性が高いとも思えませんし自分で使う目的での購入だったのかな…と

うーん、いろいろ考えては見てますがなんとも釈然としません。
カード会社の方にはかなり親切に対応していただいたので今現在、不安な点はないのですが
いずれにしてもこちらからはもっと気を付けないといけないなと思いました。
それと後に冷静になって思いましたが最初に届いたメールがなりすましで書いてある電話番号が偽物だったなんて思うとちょっとぞっとします。


ちなみに上記はあくまで私個人のクレジットカードでのお話ですので弊社のサービスとはもちろん無関係です。

Grupoでは安全にご利用いただくため、国際的なクレジットカードのセキュリティ基準(PCI DSS)に準拠した専門の決済事業者にカード情報の管理業務を委託しております。

皆様がご利用されましたクレジットカードの情報は弊社では一切保持しておらず
見ること自体できない仕組みとなっておりますのでどうぞご安心ください。