隠れ新機能

2015年11月16日
新機能といいますとお知らせに載っているものがすべてと
思われている方もいるかとと思いますが実にお知らせには載っていない
細かなアップデートもたくさん行われています。

主に使い勝手を向上させるような内容が多いため
比較すると地味なものとはなりますが今回はいくつかご紹介いたします。

● メールの振り分けが簡単に!

メールの振り分け設定画面で新規フォルダの作成ができるようになりました。
いままではフォルダを作成したから振り分けの設定をする必要がありましたが
振り分け設定と新規フォルダの作成が同時に行えることで作業効率がアップしました。


● 装飾バーの画面をすぐ呼び出せるようになりました。

装飾バーは「画像」や「動画」などをクリックした際、表示される画面を
操作せずに元画面を操作した場合、画面がタスクバーに隠れてしまいますが
再度クリックすることですぐに呼び出せるようになりました。
※ お使いのブラウザによっては対応していない場合もあります。

● タスクバーに隠れた画面のサイズ自動で変更

タスクバーに隠れた状態で別の装飾機能を操作した場合、既にタスクバーに隠れている
画面が利用されるためウインドウのサイズが表示内容と合わないことがありましたが
表示内容に合わせて自動的にサイズ調整されるようになりました。

-----------------------------------------

今回ごく最近行われた更新を3つご紹介しました。
内容が複雑でわかりにくいかとは思いますが Grupo では
このような使い勝手をよくするための地道な取り組みも行っております。
機会がありましたらまたご紹介させていただこうと思います。

Grupoのオフィスには小さいダンボールの箱がありまして、そこにスタッフからの
様々な機能やサービスに関するアイディアが日々、投稿されています。

その中より、実現に向けた検討が行われるのですが
現在、検討中の1つに「キリ番カウンター」という機能があります。

恐らく、ここで「懐かしい!」と思われた方は長いことインターネットを
されているものと思います。知らないという方のために
簡単に説明しますとアクセスカウンターの数字が「100」や「777」などキリの良い数字に
なった方を祝福してあげる機能です。テーマパークなどでも「何百万人目のお客様!」といった
感じで祝ったりすることがあるかと思いますがさらにそのようなイメージです。

今から10年くらい前、まだブログやSNSなどがまったく存在しない個人ホームページ全盛期には
多くのホームページで見かけましたが最近ではめっぽう見なくなってしまいました。
昔がよかったということが言いたいわけではないのですが当時は奇抜なデザインの
個人ホームページが、非常に多く味わい深い雰囲気を醸し出していたので
そういうものが減って統一的なものが増えてしまったのは少し寂しい気がいたします。

もっとも今ではインターネットをまったく利用しないという方のほうが珍しいぐらいかと思いますので
当時と比べるとネットの利用者層も全然変わってしまっているものとは思いますが‥

私の場合には10年よりも、さらに前のことになってしまいますが
多聞にもれずホームページ作成の楽しさに、随分とはまってしまい現在に至ります。


今では様々なWebサービスが存在しますがホームページ開設する強みは
やはり機能的にも、デザイン的にも圧倒的に個性を発揮できることに尽きるかと思います。
Grupoといたしましても訪問者に、ただ内容を読ませるだけのホームページではなく
訪問者に楽しんでもらえるホームページ作りをサポートできる機能を提供していきたいと思っています。
また作成されている皆様自身にもお楽しみいただけることを願っております。

毎度のことではありますが今回も新機能に関する
ちょっとした裏話を書いていきたいと思います。

今回のお話は10月30日に追加された「フォロー機能」です。

フォロー機能は Grupo ユーザー同士でフォローしあって
お互いにホームページを盛り上げていけたらという思いから誕生した機能です。

フォローをした際にはマイページに更新時間が表示されるため、
更新されたホームページを見逃さずチェックすることが可能です。

もともと、Grupo はホームページを作成するツールとして誕生したサービスですが
最近では既にご利用の方の紹介で新規に登録をされる方も多くご友人などと一緒に
ご利用いただくケースを増えております。またカテゴリーや更新速報から気に入ったホームページを
見つけてお友達やお客さんとなったというお話も、たびたび伺うようになったため
より、ユーザー間での交流も支援できたらと思っております。

「フォローをされる」ということはご自身のホームページを気に入ってもらえたという
証拠であり、非常に名誉なことです。また逆に気に入ったホームページがあれば
知っている方、知らない方を問わず、どんどんフォローをしていただき
「ホームページに興味を持った!」という思いを伝えていただければと思います。

フォローは「Grupoカテゴリ」「足あと」「フォロー」などのページから
「フォローする」というボタンをクリックするだけで完了します。