最近ではテレビ中心に4K対応を謳う商品が増えてきておりますがこの波は今後、パソコンにも広がっていくことが予想されます。

そこで今回は4K時代に備えたホームページ作成術をご紹介します。

ホームページが表示される仕組み


まずホームページはテレビのように映像として内容が送られてくる仕組みではなく相手から送られてきた設計図(HTML)をお使いのPCが人間に見やすい形に変換し表示しています。

よって4K対応のPCであれば4Kサイズに合わせた形で変換しますので通常、ホームページ制作側が特に意識する必要はありません。

注意点


ただここで忘れてはいけないのがホームページ上の画像の存在です。

4Kモニターとは同じ面積に対して4倍のマス目(ドット)を表示できるものですので画像を通常のモニターと同様に表示したいという場合には縦横それぞれを2倍のサイズにする必要があります。

サイズが小さい場合、通常のモニターと同じに表示されるだけでしょ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんがそれは誤りです。実際、4Kモニターで通常モニターと同じ画像を同じサイズで表示した場合、画質は明らかに劣化します。

これについては4K対応PCの仕組みによるもので情報量が4倍ある4Kモニターに通常のモニターとまったく同じ内容を表示した場合、

同じ面積に対し4倍のマス目がある=マス目の大きさが1/4である

ということになりますので文字や画像が非常に小さく見にくくなります。

そのため、4K対応PCではあらかじめPC側で拡大した状態で表示しています。その際に元々サイズの小さい画像を無理やり拡大することになるため、画質が落ちる現象が生じます。

解決法


この問題は表示サイズに対し4倍の大きさの画像を埋め込んでおくことで解決できます。

Grupo では基本的に4Kモニターにも対応した形でホームページが制作できるようになっているため特に意識する必要はありませんが表示するサイズが小さいからと言ってサイズの小さい画像を使っている方は注意が必要です。

もしサイズが大きすぎる場合には Grupo 側に自動的に適切なサイズに圧縮が行われますのでなるべく大きいサイズの画像を使用することをおすすめいたします。

まとめ


現状では4Kディスプレイを搭載したPCは全体の数%とあまり高くはありますが今後、増えていくことが予想されます。ホームページは様々な環境の方が閲覧されるものですので今のうちに対応しておいたほうがよいかもしれません。

こんにちは、皆さんは画像フォルダに画像をアップロードする時に名前をつける意味をご存知でしょうか?

アルバムのように画像名が掲載されることがない画像フォルダの写真に何故、名前をつける必要があるのか不思議を感じていらっしゃる方もいるかと思います。今日はサポートセンターに寄せられた質問の中からそんな疑問についてお答えいたします。

目的しては主に2つがあり、一つは画像の検索性を高めるためです。

画像フォルダ右上には検索ボックスがあり、こちらで過去にアップロードした画像を検索できます。画像にあらかじめ名前をつけておきますと後から過去の画像を使いたいと思った際にすぐ見つけられるため便利です。

そしてもう一つの役割は代替テキストとしての利用されることです。
実はホームページ上には直接表示されませんが画像名はalt属性(オルト属性)として構造情報(HTML)に記載されています。

alt属性は何らかの理由から画像が表示されない場合や画像を見ることができない場合に使われるもので主に目の不自由な方が使用する文字読み上げソフトなどで使われています。文字読み上げソフトは当然、画像の内容を読み上げることはできませんが画像名が入力されている場合には画像名が読み上げられることで、ホームページにどのような画像が掲載されているかを理解することに役立ちます。

また検索エンジン各社の情報収集を行う検索ロボット(クローラー)も画像を見ることはできませんがalt属性があれば画像の中身が理解出来、検索結果に正しく反映されることが期待できます。

以上が画像に名前を見ることがつける意味についてのお話です。
画像名が入力されていない場合にはファイル名が表示されますので必ず指定しなければ
ならないものではありませんがお時間があればぜひ、入力してみてください!