写真をアップロードするときの注意点

ホームページの作成においてはたくさんの写真を使われることが多いかと思いますが
今回は写真を使用する際の注意点についてまとめてみたいと思います。

肖像権に注意する


最近ではSNSなどに特に抵抗なく顔写真を公開している方も少なくないため、以前よりも意識が低下しているように感じますが、基本的に人物写真には肖像権があり本人の許諾なしに不特定多数に公開することは好ましくありません。本人の許可を得ていない、もしくは偶然通りかかった通行人など許可を得ることが困難な場合には写真の顔部分を隠したり、モザイクを入れるなどの加工が必要です。

画像の加工はスマートフォンでの撮影であればアプリでも可能ですしパソコンであればWindowsの標準ソフト「ペイントツール」なども活用できます。

後ろ姿など顔がわからない場合にはそこまで気にする必要はありません。

写真(JPEG形式)に含まれるEXIFデータに注意する


デジカメやスマートフォンで撮影された写真にはEXIF(Exchangeable image file format)と呼ばれるメタデータが含まれています。そのデータは写真のファイル自体に組み込まれており通常、写真をアップロードするとそれらの情報もアップロードされてしまいます。

EXIFに記録される情報としては撮影に使用したカメラの機種や撮影時のカメラの設定、撮影日時などがありますが特に注意が必要なのはスマートフォンで撮影した際に記録されるGPS(緯度・経度)の情報です。緯度と経度からはほぼ正確な住所が特定できてしまうため、自宅で撮影した写真などを不用意にアップロードした場合には何らかの悪意を持った人間に自宅住所を知られてしまう危険があります。

なお、Grupoにアップロードされた画像の場合にはアップロード時にEXIFの位置情報は自動的に削除していますので心配はありません。ただ他社のWebサービスでは削除されていないケースもあります。

EXIFはパソコンであればフリーソフトなどでご自身で書き換えたり、削除することが可能です。
なお上記ではGPS情報が記録される例としてスマートフォンを紹介しましたが高性能な一眼カメラなどにもGPSを搭載している機種があります。本来を撮影位置を記録することで写真の管理に役立つものですが不特定多数が閲覧するホームページでは予期せぬトラブルとなる可能性がありますので注意が必要です。

まとめ


最近ではインターネットの通じて、自身の情報を発信することは決して珍しいことではありませんが不特定多数が閲覧できる状態は思わぬトラブルを引き起こすことがあります。公開する写真には必要により、パスワードを設定し閲覧できる人を制限するなどプライバシーを守ることも大切です。


関連記事
ホームページに載せる写真がない! (07月19日)
写真をアップロードするときの注意点 (02月20日)
写真の向きが勝手に変わってしまうわけ (06月14日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):